ジョブチェッカー

手に職を付ける前のQ&Aまとめサイト

*

電気工事施工管理技士って実際のところどうなの?

   

pak86_meganewo1039_tp_v-min
「電気工事施工管理技士」にこれからなろうとしている方が「電気工事施工管理技士」の仕事はどんな感じなのかを質問し、その質問に対して「電気工事施工管理技士」の方が実情を回答している・・・と思われるYahoo知恵袋のやり取りをまとめました。

「手に職」を付けるための選考材料としてご活用いただければ幸いです。

Q.私は電気工事士ですが電気主任技術者や電気工

質問

私は電気工事士ですが電気主任技術者や電気工事施工管理技士になると何ができるのですか?そのた、色々違いがあれば教えて下さい。

回答

電気工事士は電気工事をする人、電気主任技術者は自家用電気工作物など電気設備の保安管理をする人、電気工事施工管理技士は電気工事の施工管理をする人(そのままか・・・)。ちなみに施工管理とは工程、品質、安全管理などですね。

▼引用元のYAHOO知恵袋ページ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13163869178

Q.電気工事と電気施工管理ではどちらが収入面や

質問

電気工事と電気施工管理ではどちらが収入面や将来性があるのでしょうか?

現場での職人と、管理する方での将来性が知りたいです。

回答

電気工事施工管理技士をしていました。
現場管理、積算、営業(入札)、設計など仕事は広範囲で大変ですが、人と接する機会も多くやりがいあり楽しかったです。
勿論、それ以前に電気工事士の資格を取り、職人にはなれませんでしたがある程度の工事はおぼえました。
人それぞれ向き不向きでしょうが、黙々と工事する職人が好きか、営業管理の仕事が合うかでしょう。
両方が優れているに越したことがありません。
収入面などの将来性では施工管理が上かもしれません。

▼引用元のYAHOO知恵袋ページ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1486961274

Q.電気の施工管理か主任技術者か。業務内容、

質問

電気の施工管理か主任技術者か。業務内容、拘束時間、収入面を総合して、施工管理技士資格を生かして番頭として働くのと、電験資格を生かして主任技術者として働くのはどちらが良いと考えますか?
理由も併せてお願いします。

現在電気工事会社に務めており番頭さんとの関わりも多いですが、昼夜連続勤務が3日も4日も続くような状態でとてもまともな仕事だとは思えません。今後ステップアップしていくのにどちらの方面が良いのか、皆さんのご意見を伺いたいです。

「人それぞれ」、「会社による」というご意見はもっともですが、考える上でヒントにならないためなるべくご遠慮いただきたいです。

回答

まず、押えておかないといけないのは、
主任技術者になるには、相当努力が必要なことと、
運も必要。

主任技術者の形態としては、数パーターンあります。
1、自家用電気工作物を所有している会社の社員として、
電気主任技術者に選任される。
大きい工場では、保全管理(計画や業者手配)のみで定期点検は
保安協会等の外部に委託する。
小さい工場では、主任技術者とは名ばかりで、
保守全般を自らやり、定期点検は外部に委託する。
2、保安協会の社員として、協会が委託管理契約している
物件の担当者として、定期点検の実施。
試験は、専門班がいる。
3、ビル管理会社の社員として、会社が委託管理契約をしている
ビルに常駐して、保全管理。点検も含め実作業は、外部に委託している
場合が多い。ビル全体の管理のため主任技術者として、選任されるだけでなく。
建物、空調、換気設備等すべての管理をする。
4、個人事業主として、外部委託をうけて定期点検等の実地。
営業努力をして顧客を確保しないと、収入は一切ない。
2,3,4については、外部委託のため、
電気主任技術者の資格があるだけでは、選任の承認が下りない。
5年の実務経験を積む必要がある。
そのため、主任技術者の道を選ぶなら、早急に転職をした方がいい。
気になる収入ですが、
1の場合、大企業であれば、それなりの収入が見込めるが、
転職なのでまず無理と考えてほしい。
2,3もあまり、期待は出来ない。
4は上に書いたごとく。
試験団体のサイトで、過去問を見ることができます。
半分解ければ、見込みがあります。
半分も解けないなら、相当努力が必要です。

施工管理ですが、資格としては1級電気工事施工管理技士を
目指すことになります。
また、それ以外にも甲種4類消防設備士は、必須となります。
俗に言う現場監督。
法律上は、現場代理人。
民間では、建築会社の下請け。
官庁では、分離発注の場合は、元請。
その他、既存工場施設の単発の保守工事。
その会社が、何をメインにしているかで、
だいぶ変わってくる。
私の勤めている会社は、工場保守がメインで、
新築や建て替えその他大規模改修物件(野ちょうば)は、2割程度。
私は、基本野ちょうば担当。
規模が小さいので連日徹夜なんてのは、
ここ数年無い。ただし、空いている日は、ほかの人の手伝い。
したがって、休みは基本日曜のみ。連休は無し。
もちろん、お客の都合で日曜も仕事になるときもある。
野ちょうば物件が、最盛期の時は、休み無し。
工場メインの担当者は、定時上がり。
ですが、休みはほぼなし。大型連休もなし。
忙しいときは、休みの無い月もある。
この辺は、会社によりだいぶ変わると思います。
ちなみに、収入は現在42歳で年収600万前後。
20人足らずの小さい会社で、中途です。
前職も電気工事で倒産のため、今の会社に就職。
給料がいいと言う会社は、仕事量も半端ない話は聞きます。

▼引用元のYAHOO知恵袋ページ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11150262186

Q.転職をして、電気施工会社に入社しました。 将

質問

転職をして、電気施工会社に入社しました。
将来的には施工管理の資格を取得したいと
考えています。

現在、まったくの未経験で入社をして
2か月くらいが経過しました。

今後、施工管理技士の資格取得前に
何かしら資格を
取り、経験を積みたいと
考えています。

なにかお勧めや、取得しておいた方がいいと
思われる資格等あれば教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

回答

現役現場監督です。

2種電気工事士

1種電気工事士
(試験合格+実務経験5年)

甲種4類消防設備士
その他、安全衛生教育、技能講習

1種電気工事士免状取得後に
1級電気工事施工管理技士

現場監督と言えど、作業をすることもある。
それに、施工管理を受験の際に、
1種電気工事士を取得していることにより、
実務経験が不要となる。
施工管理の実務経験はあっても、受験願書の書き方が
不備で受験できないケースが多発している。

2級電気工事施工管理技士は、必要ありません。

年配の職人は、工事士を持っていない若い監督の
言うことなど聞かない。
そして、工事士の知識のないものが、工事の指示などできない。

▼引用元のYAHOO知恵袋ページ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11145450266

まとめ

  • 電気工事施工管理は工程、品質、安全管理などおこなう現場監督。
  • 電気工事士よりは収入面などの将来性では施工管理が上かも。
  • 休みは基本日曜のみ。連休は無し。基本忙しい。
  • 1種電気工事士をもってると実技は免除
  • 電気工事士資格がないと現場で作業員が言うことを聞かない。

 - 管理系